酒井形成外科 診察予約

 

膣縫縮術(膣縮小)(弛緩した膣を治したい)

膣縫縮術(膣縮小)の概要

膣縫縮術は、弛緩した(ゆるんだ)膣を縫い縮める美容外科手術です。

人間は立って行動するため、内蔵が重力によって骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)を圧迫します。そのため女性では年齢とともに膣が広がって緩んでくる(弛緩(しかん))傾向にあります。
さらに妊娠分娩という大仕事のため、膣は緩みやすくなってきます。このため性生活に不満が生じることも稀ではありません。
また、膣の緩みが進んでくると、ちょっとした腹圧がかかっただけで、子宮の一部が膣から脱出することもあります。

膣縫縮術(膣縮小)の欠点と利点

膣縫縮術のメリット

膣縫縮術のメリットは、膣の締まりが良くなるだけでなく、尿漏れの予防にもなります。

膣縫縮術のデメリット

膣縫縮術のデメリットは、術後1カ月ほどセックスができないことです。

膣縫縮術(膣縮小)の術後経過とアフターフォロー

膣縫縮術の術後、専用の抗生剤ローションを使用します。
タンポンは、2日後に除去します。
膣縫縮術での抜糸は、2週間後に見えるところについて行います。膣内部の抜糸は行ないません。
性行為は、術後1ヶ月程度は控えたほうがよいでしょう。

膣縫縮術(膣縮小)の手術の詳細情報

施術時間 2時間程度
施術後の通院 術後2日後に消毒、タンポンを外す。14日後に抜糸
腫れについて 抜糸までは腫れが続きます。1〜2ヶ月後に徐々に赤みと固さがでてきますが、3〜6ヶ月後には目立たなくなります
カウンセリング当日治療 基本的に不可。感染症の血液検査結果があれば可能
入院の必要性 不要
麻酔 局所麻酔

膣縫縮術の手術費用

項目 金額
(消費税別)
膣縫縮術(膣縮小) 40万円
美容的要素のあるものは自費になります。

膣縫縮術(膣縮小)の手術の実際

膣縫縮術(膣縮小) 手術のポイント

  • 膣入り口部では膣全周の1/3程度まで大きく粘膜を切除する
  • 球海綿体筋はなるべく傷つけたり切断しないようにする
  • 膣入り口部では球海綿体筋をしっかり縫縮すいる
  • 会陰から肛門にかけての傷は丁寧に縫合し、できるだけ傷痕が目立たないようにする

膣縫縮術(膣縮小)の手術の実際

膣の広がりやゆるみ(弛緩)を改善する手術のことを膣縮小術('膣縫縮術(ちつほうしゅくじゅつ))といいます。
膣の締まりは膣の入り口に存在する球海綿体筋(きゅうかいめんたいきん)の働きと強さに依存しています。

膣は、筋肉が存在するところより奥では、腹空内に置かれる管状の内宮を形成します。赤ちゃんがここを通り抜けるわけですから、その伸縮は大きく、球海面体筋を補強することが目的です。膣の奥の粘膜を切除し縫合することは意味を持ちません。
したがって膣縮小術では、球海綿体筋を補強することを目的に膣の奥を縮小することは、意味を持ちません。

まず、膣の入り口付近の膣粘膜に切開を入れます。おおよそ膣全周の1/3を縮めるデザインです。
次に膣粘膜のみを丁寧に切除し球海綿体筋(きゅうかいめんたいきん)はできるだけ傷つけないようにします。
こうして、球海綿体筋をしっかり縫縮します。こうすることで膣の収縮力が高まり締まりが良くなります。

膣粘膜と会陰皮膚(かいいんひふ)は、傷痕が残らないように丁寧に形成外科的縫合を行います。

最後に、抗生剤加タンポンを挿入して終了です。