酒井形成外科 診察予約

 

わきが・多汗症とは

わきが・多汗症と皮膚の関係

わきが・多汗症と皮膚の関係をよく知った上で、わきがの治療をしましょう。

ワキガとは

「わきが」とは、脇の下の有毛部に存在するアポクリン汗腺から分泌されるタンパク質が、細菌等によって変性し臭いとなる病態です。
アポクリン汗腺からの分泌には個人差があり、その分泌量や質は遺伝子により決定します。そのため「わきが」は遺伝的な病因を持ち、また個人差も大きいのです。

多汗症とは

「多汗症」とは、脇の下に限らず全ての皮膚に存在するエクリン汗腺の分泌過多によるものです。
体質や肥満が原因とされていますが、特に脇の下では衣類のシミができやすい等コンプレックスを感じる方も多いようです。

日本人は、わきがの遺伝子を持つ人が少ない

アポクリン腺で作られた臭いの蛋白は開口部である毛穴から発散します。すなわち毛穴が無い所(毛が生えていない所)にはアポクリン汗腺はありません。

また、人体でアポクリン汗腺が開口している毛穴は、以下の所に限られています。

  • 脇の下
  • 乳輪まわり
  • 陰毛発生部
  • 外耳道

特に脇の下は臭いが出やすいため、古来から「脇が香る」という意味で「わきが」と呼ばれていたのです。この臭いの元となるアポクリン汗腺はすべての人に存在していますが、その分布量は遺伝子に左右されています。
単純なメンデルの遺伝ではなく、関係する遺伝子の数でその臭いの強さが規定されているといわれています。

ただし、どこまでが病的でどこからが正常という区分けは無く、あくまで患者さまご自身の希望で治療を進めるべきだと思います。

マンマリーライン

脇の下、乳輪まわり、陰毛の発生部はマンマリーラインに沿った部位


汗が出るのは、アポクリン汗腺以外にもエクリン汗腺もあります

これに対しエクリン汗腺は、体表皮膚の至る所に存在しいています。
本当の多汗症の方の場合は、掌から汗がしたたり落ちるとまでいわれています。
一日中何枚ものタオルが必要でいつも顔やおでこを拭いている状態などと表現されます。

いわゆる「わきが」の方は、多汗症も併発していることが多く、手術治療の際アポクリン汗腺のみならずエクリン汗腺も切除するようにします。

皮膚の構造

皮膚の構造

わきがの診断

わきが診断のポイント

  • 他人が認める、確かなわきの臭い
  • 両親のどちらかが「わきが」である
  • 耳あかが濡れている。(アポクリン汗腺は外耳道にも特異的に存在するため)

ほ乳類の殆どは「臭腺」を持ち固有の臭い情報を発しています。
犬のマーキング(散歩などをすると時々オシッコを塀等にかけるしぐさ)が良い例です。
嗅覚が著しく退化した人間では、この臭いの情報がかなり曖昧になり臭腺も退化していったと考えられています。
人の臭腺の名残りが実はアポクリン汗腺なのです。

わきが・多汗症 マンマリーライン女性は「わきの下」「乳輪まわり」「陰毛の外側」に臭気の出るところがあるですが、男性は発毛が多いため胸毛や腹部の部分からの臭気も考えられます。

このアポクリン汗腺は「マンマリーライン」といわれる乳腺の並びに沿って存在します。
しかもそれは毛穴に開口することからアポクリン汗腺が存在する所は以下の部位に言及します。

  • わき毛の発生部分
  • 乳輪の部分
  • 陰毛発生部

個人の体臭は全ての人に存在しますが、個人差が大変大きいものです。
これは人種により特徴づけられものの一つといわれていますが、特に日本人を含む蒙古系民族は体臭(わきが臭)が大変少ないとされています。
ですから、かえって日本人はワキガを気にする傾向にあるのでしょう。

そして、この特異的な臭いは遺伝することが証明されています。この遺伝形態は「常染色体優勢遺伝」ですから、基本的には臭いが出るほうへ形質発現するのです。

混血の少なかった日本人では、なかなか強いわきがの人が現れなかったのもこういった理由からなのです。ちなみに他の民族では、日本人とは比べ物にならないほど体臭がきついといわれています。水が少なく入浴の習慣が少ないヨーロッパの人たちの間では、こうして香水文化が発達したともいわれています。

また、わきがの遺伝子は数個存在し、発現数が多い程臭いが強くなるとわれています。
ですから、親の形質が単純に子に伝わるのではなく、父親と母親のそれぞれの遺伝子がいくつずつ伝わったかにより子供のわきがの度合いが決まってくるのです。
時に「ややわきがの父親」と「ややわきがの母親」から「本格派わきがの子供」ができることもあるわけです。

アポクリン汗腺は外耳道にも存在しています。
ですから、わきがの人は大抵耳垢が湿っています。
竹細工の耳あか掃除器で耳あかが取れ、その耳垢を空中に飛ばす事ができればその人はわきがでは無いことが多いのです。
それに対し耳綿棒でぬっとりした耳垢が取れる人は、わきがのことが多いといわれています。

多汗症の診断

多汗症診断のポイント

  • わきの汗が多く衣類などにシミを作る
  • 個人的に汗の量が多く気になる

汗は、エクリン汗腺から分泌されます。
エクリン汗腺は体中の皮膚に存在し、アポクリン汗腺とは異なり直接皮膚に開口しています。エクリン汗腺から分泌される汗の働きは体温の調節にあります。
アポクリン汗腺からの分泌物とは異なり、臭いの成分は殆ど無いため、あまりわきがとは認識されません。
しかし、わきの下は皮膚が密着しやすいため発汗も多く、これがアポクリン汗腺からの分泌物を衣類に浸透させシミを作ったり、より臭いを発散させる原因になります。

ヨーロッパにはない「わきが治療」

『わきが』とは脇が香と書いて脇香から発生しています。
他のほ乳類と同様、人間も個人個人「臭い」があるはずで、その「臭い」の源は脇の下にある臭腺です。
実は殆どの民族がこの臭腺を持ち特有の臭いを放っているといわれていますが、中国大陸の内側に端を発する蒙古系民族は唯一臭腺が発育していません。
私たち日本人は蒙古系民族の血を引いているため、わきが臭う人が少ないのです。

ヨーロッパでは古来より多彩な文化や文明を持ち、医学も常に先端を歩んできましたが、ここでは現代でも「わきが手術」はきわめて稀といわれています。
日本から遠いヨーロッパから留学する医師に、日本のわきが手術を見せると、「初めて見た」とか「私の国では考えられない」等という話になります。
実は彼らは全員「わきが」なのです。ワキガが臭わない人がいないため、『わきが』が普通なのです。
普通なら、治療の必要はないわけですよね。 というわけで、きわめて美しく華やかな文化を持つヨーロッパでは「わきが治療」は殆ど無視されているのです。

美しい白人のモデル、輝かしいブランドと繊細なファッションに包まれるオートクチュール。
そんな会場の中は香水の臭いで満ちています。それは、脇の臭いを隠す下着のようなもの。でも、それを美容外科の手術で治療しようという人は殆どいないのです。

わきが・多汗症の治療方法

わきが・多汗症の手術の方法は多数あります。
その中でよく施術される方法は、次の4つです。

わきが・多汗症の治療法のそれぞれの利点と欠点

剪除法(せんじょほう)によるわきが治療

剪除法によるわきが治療

剪除法(せんじょほう)によるわきが治療法は、脇毛が生えている範囲の真ん中に大きく横切開を入れ、皮下を剥離(はくり)し、これを反転しながら皮下をはさみで丁寧にはぎ取る方法です。

わきが治療の効果はありますが、術後のダウンタイムが長い事と、きずあとが長く目立つことが悩みの種です。また、手術範囲を広げられないことも欠点です。
ただし、高価な機器を必要しないことから、今でも広く行われているようです。

剪除法の利点

健康保険適応である。腋臭症では治療効果は高い。

剪除法の欠点

瘢痕が大きく、目立ちやすい。手術範囲が比較的狭い。

剪除法によるわきが・多汗症治療のページへ

超音波メスによるわきが・多汗症治療

超音波メスによるわきが・多汗症治療で使用する超音波メスは、超音波の波動を利用し、比較的やわらかい血管などの組織を温存し、白内障のレンズや肝臓実質など硬い組織を砕くのです。
出血が少なく必要な組織を選択的に破壊吸引できます。

吸引法・掻爬法(ソーハー法)によるわきが治療

超音波メスによるわきが・多汗症治療の利点

超音波メスによるわきが・多汗症治療のメリットは、傷痕が目立たないこと。多汗症、腋臭症の両方に効果が高いこと。
広範囲の手術が可能。脇以外の場所(乳輪、陰部)にも対応できることです。

超音波メスによるわきが・多汗症治療の欠点

超音波メスによるわきが・多汗症治療のデメリットとしては、自費診療での治療になります。また、この手術が技術的に難しいことです。(完全に施術できる技術を持つ医師が少ない)

超音波メスによるわきが・多汗症治療のページへ

吸引法・掻爬法(ソーハー法)によるわきが治療

吸引法、掻爬法(ソーハー法)によるわきが治療法は、脇の下の小さな切開から吸引カニューレを挿入し、皮膚の裏面を掻爬吸引(そーはーきゅういん)する方法です。
効果が現れにくく、わきが臭の強い人にはお勧めできません。 また、多汗症には改善が望めません。

吸引法・掻爬法(ソーハー法)によるわきが治療

吸引法の利点

医師であればだれでも施術ができる。ダウンタイムが少ない。

吸引法の欠点

効果が殆どない。

ボツリヌストキシン製剤注射によるわきが・多汗症治療

手術までするのはどうも面倒、簡単にわきがの治療がしたいという方には、ボツリヌストキシン製剤注射法もそのひとつです。

これは、ボツリヌスA毒素が局所的に神経を麻痺させることから、脇の下の皮下にボツリヌストキシン製剤を注射し、発汗や臭いを押さえます。3〜6か月程度が有効期限です。

ボツリヌストキシン製剤注射によるわきが・多汗症治療

ボツリヌストキシン製剤注射によるわきが・多汗症治療の利点

注射器による注入だけで施術できます。

ボツリヌストキシン製剤注射によるわきが・多汗症治療の欠点

効果の継続がわずか3〜5ヵ月なので、長期で考えるとかなり高価です。

ボツリヌストキシン製剤注射によるわきが・多汗症治療のページへ

乳輪の臭いも治療ができる!

『わきが』の人は濃いわきが遺伝子を持っているのです。そしてそれは、他国では「あたりまえ」のことが多いのです。
遺伝子は忠実です。忠実であるがゆえ、医学の方程式にピッタリはまることがよくあります。
つまり、『わきが』の臭いは脇の下に留まらず、乳輪に及ぶこともあるわけですね。
脇の下の部位に対するわきが手術法はよく耳にします。しかし、乳輪の部位に対するわきが治療法はあまり目にしません。
しかし、超音波メスによる手術は、その部位を問いません。
乳輪の部位(乳輪わきが)でも、陰毛外側の部位(すそわきが)でも治療が可能です。
乳輪の部位では、その円周または半周に切開を入れそこから乳輪を含む、かなり大きな周囲で超音波メスの先端を作用させることができます。
『わきが』は、わきが臭うだけではないことに気付いてしまった方も、まだあきらめる必要はありません。

休診日
2018年 10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
2018年 11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
ピンクが休診日です