医療法人社団 形成会 酒井形成外科 / 美容外科・美容皮膚科・形成外科 / 東京都豊島区 / JR大塚駅から徒歩1分
美容外科/美容皮膚科の診察予約

くちびるを厚くする美容外科手術

薄すぎる唇に情熱感が感じられない、時にセクシーさが足りないと感じている方も多いようです。また、薄すぎる唇はお年よりの口元にみられてしまう。そんな悩みの方達には3種類の美容外科の手術から方法を選んでもらえます。脂肪注入でお手軽に、という場合もあるし、真皮脂肪移植(ダーマルファット)でより効果的に、という時もあります。

くちびるを厚くする手術の概要

部分的なものは、くちびるの粘膜の移動(皮弁)で形成します。全体的に厚くするのには、脂肪注入や真皮脂肪移植をします。けっしてシリコンやソフトフォーム(ゴアテックス)などの非吸収性人工材料は使用しなことが大切です。後日硬くなり、くちびるの感覚が悪くなるからです。
一時的な組織増大に、フィラー(ヒアルロン酸)を使用する場合もあります。

くちびるを厚くする手術の症例

症例1 皮弁形成術

皮弁形成術 術前

術前

皮弁形成術 術後

術後


上くちびるの裏側にV字型切開を入れ、前方に移動しY字型に縫い込んで整えた症例です。

症例2 皮弁+脂肪注入

皮弁+脂肪注入 術前

術前

皮弁+脂肪注入 術後

術後


症例1(皮弁形成術)と同じV-Y形成に脂肪注入で全体を膨らませています。

症例3 真皮脂肪移植(ダーマルファット)

真皮脂肪移植 術前

術前

真皮脂肪移植 術後

術後


真皮脂肪移植 術前

術前

真皮脂肪移植 術後

術後


おしりの所から真皮脂肪を採取し、上下のくちびるに移植しています。

欠点と利点

くちびるを厚くするのメリット

くちびるを厚くする手術のメリットとして、脂肪注入の場合は、きわめて手術が簡単でお手軽なことでしょう。
真皮脂肪移植の場合は、1回の手術で十分な増大が望めることです。

くちびるを厚くするのデメリット

くちびるを厚くする手術のデメリットとして、脂肪注入の場合は、かなり吸収されますので数回の施術が必要です。真皮脂肪移植の場合は、採取部位に少量の傷が残ります。
皮弁法の場合は、大きな増大は無理があります。

トラブルシューティング

唇を厚くする手術で、下唇がおちょぼ口のように垂れ下がたまま突出してしまった

唇を厚くする手術を受けたが、下唇がおちょぼ口のように垂れ下がったまま突出してしまった(23才 女性)

主訴

ふっくらした唇に憧れて、ある美容外科クリニックに相談に行きました。唇の内側を横に切ってそれを縦方向に縫えば良い、と言われ簡単そうなのですぐ手術を受けました。
そのクリニックの院長先生はテレビでも評判らしいし、ネット(広告だったかもしれませんが)でも口コミでも評判と書かれていたため、何のためらいもありませんでした。
手術が終り、腫れているからと思ったのですが。2週間以上たっても口笛を吹いているような形が治らなかったのです。再度相談に行きましたが、その時はとってもそっけない風でした。なんとか頼み込み、再度料金は取られましたが、修正手術を受けました。
しかし、やはり唇をとがらせているような変形は治りませんでした。このままでは困ってしまいます。

回答

横に切り縦方向に縫う、確かに唇の先端近くは厚くなるでしょうが、横には縮まります。両手の親指と人さし指で唇の左右の端をつまみ唇を中心に向かって寄せってみましょう。この美容外科手術は、こんな「変な事」をする手術といえますよね。
リカバリーですが、まず、縦方向に縫った傷を開放し、元に戻します。ただし、瘢痕が多い場合、また、口を尖らせた感じの変形は残ってしまう可能性があります。
そこで、真皮脂肪移植を考えます。お尻の所が良い真皮脂肪の採取部位になります。3〜5cmの傷は残りますが、形成外科的に縫合すれば傷痕も目立たなくなります。
この真皮脂肪移植を同時に行なえば、くちびるも厚くふっくらさせることができます。変形を改善すると同時にあなたの希望も叶えられるというわけです。

くちびるを厚くする手術の実際

手術のポイント

  • 使用する糸は、組織縫合(中縫い)には吸収糸、粘膜縫合(外縫い)には非吸収糸を使う。
  • あくまで組織の取り過ぎには十分注意をする。
  • 上くちびるでは上唇結節(くちびる中心のたかまり)をデザインする。
  • くちびるの内外の境の線を乱さないように注意する。

脂肪注入

脂肪を少量吸引

脂肪を少量吸引します。


まんべんなく散らすように脂肪を注入

少しづつ組織にまんべんなく散らすように、脂肪を注入します。


真皮脂肪移植(ダーマルファット)

真皮脂肪移植(ダーマルファット)

おしりなどから採取したドナーから真皮脂肪を取り出してくちびるに移植します。

皮弁法(皮弁形成術)

皮弁法(皮弁形成術)

術後経過とアフターフォロー

脂肪注入

抜糸なしで、2週間程度で落ち着きます。定着率が30%の為、3回程度の注入が必要です。

真皮脂肪移植(ダーマルファット)

1週間後抜糸ですが、吸収糸を使用した場合は抜糸はありません。2〜3週間程度で落ちつき、約3ヶ月で固定します。真皮脂肪採取部位の創の赤みや硬さは1年程度で落ち着きます。

皮弁法(皮弁形成術)

1週間後に抜糸します。約2週間で落ち着きますが、傷痕の硬さが2ヶ月程残ります。

くちびるを厚くするの手術費用

項目 金額
(消費税別)
唇を厚く ヒアルロン酸法(ジュビダーム ウルトラ4 0.8ml/本) 43,000円〜
片側の唇を厚くする(真皮脂肪移植) 25万円
両側の唇を厚くする(真皮脂肪移植) 35万円
口唇の一部のへこみを修正する(V-Y皮弁) 15万円

くちびるを厚くする手術の詳細情報

施術時間 30分〜1時間程度
施術後の通院 1週間後抜糸。1ヶ月目と3ヶ月目にデザインチェック。
腫れについて 2〜3週間程度でかなり落ちつく。
カウンセリング当日治療 基本的に不可。感染症の血液検査結果があれば可能。
入院の必要性 不要
麻酔 局所麻酔
酒井形成外科の美容外科・美容皮膚科のご予約はこちらから