酒井形成外科 診察予約

 

フェイスリフト手術の歴史

初期のフェイスリフト

1970年代、フェイスリフト手術の原型となる手術法が考案される

現在のフェイスリフト手術の原型になる手術法は、1970年代に耳の脇から上方は側頭部に向かって、下方は耳の裏側から頸部に向かって、傷を隠すように切開を入れる手術法が考案されました。
当初のフェイスリフトは、皮膚を切除するだけの簡易なものだったようですが、効果が持続しないことや傷痕がそれでも目立ったりしたことで改良が加えられ続けました。

簡単にできるという理由から、今でもこの古典的なフェイスリフト手術を行っている医師がいる事実は、とても残念なことです。

わずかな皮膚剥離しか行わない初期のフェイスリフト

わずかな皮膚剥離しか行わない
初期のフェイスリフト手術

わずかな皮膚を切除するだけのフェイスリフト

わずかな皮膚を切除するだけの
初期のフェイスリフト手術


フェイスリフトでの皮下剥離が狭いとどうなる

フェイスリフト手術での剥離範囲(はくりはんい)が狭いと手術は簡単になりますが、手術後数ヶ月で皮膚は元に戻ろうとして、耳たぶが前方に移動してしまいます。これに伴い、顔のしわや弛みも戻ってしまいます。
これは、顔の表情筋がその上にある皮膚としっかり癒着しているからなのです。体のほかの筋肉は、皮膚と強い癒着がありません。
顔の表情筋と皮膚が癒着しているため、いろいろな表情を作り出せるわけですね。

高度なテクニックを要するハムラ法によるフェイスリフト

1990年代、高度なテクニックで効果を高めたフェイスリフトの手術法が登場

近年フェイスリフト手術に特化した顔面の解剖学も発展していきました。
フェイスリフトに一つの結論的手術法が一世を風靡しました。それは、1990年初頭に登場した「ハムラ法」 です。
このハムラ法というフェイスリフト手術は、非常に手が込んでいました。皮下の剥離(はくり)に続き、SMAS(スマス)と呼ばれる筋肉群の下を剥離(はくり)し、これを支える深部リガメントを切断し、SMASの動きを自由にし、皮膚と同時に外側上方向に引き上げるというものです。

ここまでは、ハムラ法によるフェイスリフト以前にも行われてきたのですが、Dr.ハムラは、さらに切断した深部リガメントの断端に糸をかけ、その一本一本に張力を働かせ、効果を持続させようとしたのです。
ハムラ法によるフェイスリフト手術が提唱された時は、これが究極だと思われたのですが、問題を提起する学者も現れました。

ハムラ法によるフェイスリフト手術の概念図

ハムラ法によるフェイスリフト手術は、SMAS下で深部リガメントを切断し、切断したリガメントの断端に糸をかけて引っ張るという方法です。

ハムラ法によるフェイスリフト手術の概念図

ハムラ法の概念図


2000年代中期に問題定義する学者が現れる

ハムラ法によるフェイスリフト手術に対する問題定義は、2000年代中期、Dr.メンデルソンによる顔面の解剖学論によっておこなわれます。
Dr.メンデルソンによる顔面の解剖学論によると、この深部リガメントには顔面神経の枝が含まれると考えられています。そして、それを切断する事は、後日多少の顔面神経麻痺の起こる可能性が示唆されると考えられます。

深部リガメントには顔面神経の枝が含まれる

顔面下の構造


SMASを皮下で直接、切除縫合するフェイスリフト手術法

1990年代中期にハムラ法とは異なる手術法が考案される

1990年代中期、Dr.ハムラとは異なったフェイスリフト手術を展開していた米国の医師がいました。Dr.ダニエル・ベーカーです。

Dr.ダニエル・ベーカーによるフェイスリフト手術は、SMAS下の剥離は行わず、皮下の広大な剥離でSMASを皮下で直接、切除縫合するという大胆な発想を掲げていました。

Dr.ダニエル・ベーカーのSMASプリケーティング

① SMAS下には、顔面神経の枝があるためSMASの下は剥離しない

SMAS下には、顔面神経の枝があるためSMASの下は剥離しない

② 皮下を広大に剥離

皮下を広大に剥離

③ SMASを直接切除縫合する

SMASを直接切除縫合する

ハムラ法を代表とするSMASつり上げによるフェイスリフトとは?

米国では1990年代中期から後期にかけて、フェイスリフトはハムラ法が最も優れていると考えられていたと思います。ただし、顔面神経への影響等を考慮し、もう少し抑えた形を採用している施設が多かったのではないでしょうか。日本では、2000年代中期までハムラ法が信奉されていたように感じます。
さて、ハムラ法に代表されるSMAS法のフェイスリフトとは、次のようなものでした。

  • 皮下剥離はやや狭い範囲で行い、むしろSMAS下の剥離を主要としていた
  • 深部リガメントを切離し、SMASは奥まで剥離が進められた
リガメントをSMASの下で切断する
  • SMASは、斜め上方向に牽引され頬骨や頬骨弓に固定された
SMASは、斜め上方向に牽引
SMASを頬骨や頬骨弓に固定
  • 皮膚は、現在の方法と異なり斜め上方向に牽引された。それがゆえ、いわゆるフェイスリフト顔といわれる特有の顔貌になることがあった
皮膚は、現在の方法と異なり斜め上方向に牽引

確かにこれらのフェイスリフト手術法はとても難しく、また慎重に行っても副作用が出ることがありました。
また、手術時間も7〜8時間に及ぶため、手術する医師の心的負担も大きかったと思います。
これらのフェイスリフト手術の改善点としては、主に次のことが考えられていたと思います。

  • 顔面神経障害の防御、または耳下腺への影響の防御
  • フェイスリフト顔変形への改善
  • 手術手技の簡易化
  • 手術時間の短縮