医療法人社団 形成会 酒井形成外科 / 美容外科・美容皮膚科・形成外科 / 東京都豊島区 / JR大塚駅から徒歩1分
美容外科/美容皮膚科の診察予約

豊胸術(コヒーシヴ・シリコンプロテーゼを使用)

日本人の女性は乳房(バスト)がやや小さい傾向にあり、大きくなくとも形の良い乳房に憧れる方が多いようです。乳房(バスト)を美しく形成する豊胸術について詳しく解説していきましょう。

厚労省認可のコヒーシヴ・シリコンバックプロテーゼを使用した豊胸術の概要

2012年アラガンジャパン製の乳房シリコーンプロテーゼ:ナトレルが日本国の薬事承認を受け、その安全性が確立されました。世界でも最も審査が厳しい日本国の承認を受けた乳房プロテーゼは、ナトレル以外には無く、ナトレルは品質安全性とともに最高級のブランドです。
また、2014年より、乳癌による乳房切断手術後の乳房再建術に、ナトレルを使用した場合、健康保険が適応されるようになりました。

ただし、ナトレルを使用できる医師は、形成外科学会や乳腺外科学会の専門医の資格があり、その上でナトレル使用のための講習会に参加し認定医になる必要があります。

酒井形成外科では、このナトレル豊胸用プロテーゼを使用した豊胸術を提供しています。
豊胸手術の概要は、乳腺下、大胸筋上を広く剥離したのち、ナトレル豊胸バックを挿入します。一連の手術は、全身麻酔下で行われるため、患者さまには手術の不安感は一切ありません。

また、内視鏡下で手術を行います。手術中の状態を内視鏡で確認しながら、出血や神経損傷等にも注意を払います。盲目的剥離に比べ安全に広範囲の剥離が可能ですので、術後の乳房の形態も美しい仕上がりになります。


コヒーシヴ・シリコーンバックプロテーゼ 術前
コヒーシヴ・シリコーンバックプロテーゼ 術後

術後24時間は、吸引ドレーンを入れ、貯留液を強制的に排出させます。ドレーンを抜いた後退院が可能です。術後10日ほどで抜糸をしますが、抜糸後は乳房の軽いマッサージを続けることが大切です。

一時、乳がん再建のための専用のアナトミカルタイププロテーゼを誤って豊胸術に流用したため、間違った概念が一般に広がってしまいました。
それは、テクスチャータイプのアナトミカルタイププロテーゼを豊胸術に使用した場合、術後一切のマッサージは必要が無い!!というアナウンスでした。
これは完全に誤っています。本来豊胸手術と乳房の再建手術はまったく別物と考えるべきです。

乳がんの再建手術では、患側の乳房は乳腺やその周囲の脂肪組織、筋組織、皮膚まで広範囲に切除し、皮弁という組織移植や組織拡張期(ティッシューエキスパンダー)にて皮膚や皮下を拡張した後、失った乳房の形をアナトミカルタイププロテーゼで、あたかも乳房のように見せかけるというものです。これは、触った時の乳房の柔らかさや弾力は完全に無視され、形だけにこだわるものです。
見た感じはきれいな乳房ですが、触ると硬い固形物感は否めないというわけです。

それに対し、豊胸術では、乳房の形態もさることながら、触った時の弾力や柔らかさ、さらに患者さまが体位を変えたときの乳房の形態も自由に変化していく、本物の乳房を再現しなくてはなりません。

そのためには、使用するプロテーゼもアナトミカルプロテーゼより柔らかいラウンドタイププロテーゼが遙かに良く、術後もマッサージを励行し、プロテーゼを包むカプセルにある程度の空間をキープさせなくてはなりません。そうすることにより、触ったときにも本物と変わらぬ柔らかさと、自由に形態が変化する自然な乳房に近づけることが出来るのです。

認定制度 概要

【承認条件】

関連学会と連携の上、実施施設基準・実施医基準を設け、乳房再建術又は乳房増大術に関連する十分な知識・経験を有する医師により、同術の実施体制が整った医療機関において本品が使用されるよう、必要な措置を講ずること。

医師基準
(責任医師)
  • 日本形成外科学会認定の形成外科専門医
  • 日本乳癌学会認定の乳癌専門医
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会が主催・認定する講習会を受講
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会所属している医師
医師基準
(実施医師)
  • 日本形成外科学会認定の形成外科専門医
  • 日本乳癌学会認定の乳癌専門医
  • および上記専門医の指導下で研修を行う医師
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会が主催・認定する講習会を受講

厚労省では、日本国認可のアラガンジャパン製ナトレルの使用に際し規制を設けています。ナトレルノ使用が可能な医師は、形成外科学会認定専門医でなくてはなりません。
また、学会の指定する技術講習会で認定される必要があります。


豊胸術の症例

症例1 拡張器を利用した2期的豊胸

術前

術後


術前

術後


症例2 通常の豊胸

術前

術後


術前

術後


症例3 他院修正症例

術前

外側面の陥凹性の変形を認めます。

術後

陥凹変形は矯正されています。

症例4 胸部の傷跡のため、乳房の発育障害を認めた症例

術前

外側面の陥凹性の変形を認めます。

術後

陥凹変形は矯正されています。

術前

術後

術前

術後


症例5 他院修正症例 豊胸バックの拘縮を解除しナトレルを移植した症例

術前


数年前、他院で豊胸術を受けた後、乳房の硬化と変形が出現したようです。  乳頭の周囲のラインと乳房上部のラインに不整形を認めました。


術後


プロテーゼを挿入するための乳腺下剥離範囲を広め、ナトレルを新たに移植   しました。乳房は自然な丸みを描いています。


アナタミカルタイプとラウンドタイプ

現在豊胸術や乳房再建術の用いられる厚労省認可のシリコーンプロテーゼ (アラガン製薬製、ナトレル)には、正円形のラウンドタイプとしずく型の アナトミカルタイプがあります。

ラウンドタイプ
ラウンドタイプ

ラウンドタイプ
アナトミタイプ
アナトミタイプ

アナトミカルタイプ

美容的豊胸術では基本的にはラウンドタイプのナトレルプロテーゼを使用します。
乳房(おっぱい)は、軟組織である乳腺と脂肪組織が丈夫で伸縮性のある皮膚組織の袋に包まれた形態をとっています。柔らかく自由に形態を変えるのが乳房なのです。
女性が立てば、乳房は重力によって下に紡錘形の丸い形になり、横になれば今度は床に向かって丸みを帯びます。もちろん、逆立ちの姿勢をとれば、顔に向かって垂れるような紡錘形の丸みを帯びるわけですね。

では、乳房の基本的な構造はというと、仰向けに寝た状態では、大胸筋上に鏡餅の様な形で乳腺組織があって、その上に皮下脂肪組織が盛られるように存在していて、ほぼ正円形の形を作っています。

豊胸術では、乳腺やその周りに存在する脂肪組織を再現するようにプロテーゼをインプラントするわけですから、乳腺と同様の正円形のラウンドタイプのプロテーゼがぴったりするはずです。
ところが、乳がん等の乳房切除後の乳房再建術では、乳房の組織である乳腺や脂肪、皮膚が絶対的に不足している状態です。残念ですが現在の医学では、乳房切断前の乳房の完全な組織状態を再現することは不可能なのです。
そこで、乳房再建の場合は、もっとも生活時間の長い、立位での乳房の形に注目し、アナトミカルタイプのプロテーゼをインプラントすることが多いのです。この場合は健側(切断していない乳房)の形をもとに、それに近い大きさのアナトミカルタイププロテーゼを選択し、切断側の乳房にインプラントするわけです。この時、プロテーゼはなるべく動かないように周りの組織に固定させます。つまり、立位の形態を優先し、立った時に健側の乳房と対称になるように形を整えます。そのため、寝た姿勢でも、横寝の姿勢でも、あるいは逆立ちをしたときの姿勢でも、乳房は立位の時の形をキープせざるを得ないということなのです。

アナトミカルタイププロテーゼを使用して、マッサージを行わないということは、すなわち乳房の形に変化が持てなくなることを意味します。
乳がん再建の時はいたしかたありませんが、美しさを求める豊胸術では、これでは問題になってしまいますよね。だから、豊胸術ではラウンドタイプのナトレルプロテーゼを選択するのです。

乳房の形は姿勢によって変化するべきもの

美容的豊胸術の理想の一つに手術後の乳房の形が自然であることがあげられます。それには、いろいろな姿勢で乳房の形態が自由自在に変化しなくてはなりません。例えば横に寝た時には床に向かって乳房の形態は変化するし、俯せ姿勢では床に向かって乳房は下垂するでしょう。また、仰向けに寝た時には乳房は全体に扁平になって見えるし、逆立ちをすれば乳房は顔に向かって下垂するはずです。
乳房の形は重力の方向に対し変化するものなのです。

ポンポコリンおっぱいの比較

立位姿勢

ポンポコリンおっぱいの比較

仰向け姿勢

ポンポコリンおっぱいの比較

横になった姿勢

ポンポコリンおっぱいの比較

伏せ姿勢

ポンポコリンおっぱいの比較

前屈み姿勢

ポンポコリンおっぱいの比較

逆立ち姿勢

欠点と利点

豊胸術のメリット

バストをある程度確実に大きくできることです。

豊胸術のデメリット

カプセル拘縮を起こすと、乳房が硬くなり本来の柔らかさが損なわれることがあります。 乳がん検診では、マンモグラフィーが使用できなくなります。超音波検査やMRI検査で代用が可能です。

ポンポコリンおっぱい???

人間の皮下に何か異物を入れると、体はそれが自然排出できないと悟るとそれを包むような膜を作ります。これが「カプセル」です。 いま、豊胸のためにプロテーゼを乳腺下あるいは大胸筋下に入れたとしましょう。プロテーゼを入れるべく剥離した範囲が狭かったり、マッサージが不十分で術後その範囲が狭まったり、体質的にカプセルが硬く厚くなる方では術後プロテーゼの動きが悪くなり、触るととても硬い状態になります。

             
ポンポコリンおっぱいの例
ポンポコリンおっぱいの例1
ポンポコリンおっぱいの例2

ポンポコリンおっぱいになるわけ

カプセル拘縮が実はポンポコリンおっぱいを作っているのです。ここでは実験モデルを考えてみましょう。

             

十分な大きさのあるビニール袋に柔らかい素材のプロテーゼを入れてそれを垂らしてみます。 ここでは、ビニール袋がカプセルを表現しています。


横から見ると紡錘形になっています。


これをさわって見ると、柔らかさが伝わってきます。


次にビニール袋を小さくし、中に入っているプロテーゼをパンパンな状態にしてみましょう。これはカプセル拘縮がおきた状態です。


※カプセル拘縮をおこさせない為には、マッサージが大切なのです。
酒井形成外科の美容外科・美容皮膚科のご予約はこちらから