酒井形成外科 診察予約

 

あご・輪郭の美容外科手術

あご整形や輪郭矯正は、できるだけ軽く小さな手術で、美容的に最大限の効果が出るように手術法に工夫を凝らしています

あご整形や輪郭矯正は、あごの骨を中心とした顔の骨の骨切り術や骨削り術を行います。
また、時に人工骨(ハイドロキシアパタイト・バイオペックス)で顔の骨に補填を行うこともあります。
これは、高度な技術を要する「顎顔面外科(がくがんめんげか)」の応用でもあります。

顎顔面外科の手術には、顔面の骨を切断した上で、チタンプレートや骨吸収プレートを利用し再形成するなど、奇形や変形に対応しても、美容外科には重すぎる内容も多数含まれています。
そこで、酒井形成外科では、できるだけ軽く小さな手術で、美容的に最大限の効果がでるように手術法に工夫を凝らしています。

例えば、あごを短くする場合、「中抜き法」ではなく、骨切りのみでの対応や頬骨や頬骨弓の張り出しに対しても、骨削りだけで対応するなど、安全性を最も重視しています。
美容という観点で判断すれば、下顎骨中抜き手術や頬骨骨切り・骨接合術を行うよりも単純な骨切り術や骨削り術の方が却って効果が高いと評価されるためです。

もちろん安易には考えていません。それなりのデザインが大切であることはいうまでもなく、そのために3DCT等術前の検査を充実させることが重要なのです。
さらに顎顔面外科で今後利用が期待されている新素材「バイオペックス」をいち早く取り入れるなど、新しい治療法を提案しています。